サッカー日本代表監督がメンバー発表の背番号試合結果は?

11.172015


サッカー専用スタジアム

 

ロシアワールドカップ2次予選(2015年11月17日)。

 

日本(50位)×カンボジア(183位)

( )はFIFAランキング

 

シンガポール戦から中5日。

現在、暫定首位の日本。

 

前回の戦いぶり、相手の力から考えると、超楽勝、ってとこでしょうか。

 

Sponsored Links

 

サッカー日本代表メンバーは予想外の先発!

 

そんな事を、ハリルさんが考えたかどうかはわかりませんが、こんな先発。

 

先発

GK 西川

DF 吉田
DF 槙野
DF 藤春
DF 長友

MF 香川
MF 遠藤
MF 山口

MF 原口
MF 宇佐美
FW 岡崎

 

なんと、前回の試合から総入れ替え?

と思わすくらいの先発メンバー。

これは、予想できんわ・・・

 

前回先発で出た選手が、3人のみ。

西川、吉田、長友。

 

おい、おい、大丈夫か?

ちょっとナメすぎじゃね

 

と、頭の中でこだま。

 

とは、言っても、さすがに負けることはないっしょ。

 

まあ、どんな試合を見せてくれるのか。

 

サッカー日本代表監督が決めたスタメン総入れ替えの前半はどう?

やっぱなめすぎてた。

前半。

開始直後は、前回と同じ展開になると思ったのもつかの間。

何かがおかしい

 

なんだろう?と思って気付いたのが、リズム

パス回し、パス交換のリズムがおかしい。

おかしい、というか前回と違う。

 

先発が8人替わってるんで、しかたないと言えば、しかたない。

どこか「ぎこちなさ」を感じる。

 

ボールを止めて、蹴る、止めて、蹴る。

ボールをつなぐ時のタイミングが遅い。

 

グラウンドが人工芝、というのも少し関係しているのかもしれない。

が、ほとんど関係してないでしょう。

 

ボールを止めて、蹴る技術的な問題と言うよりは、判断の問題

判断スピードが遅い。

 

だから、ボール回し、パス交換がぎこちなく感じる。

 

これが、試合中に改善されるだろうか?

 

そんな事を思いながら見ていた。

が、20分過ぎて、30分過ぎても変わらない。

 

さらに、ダメなことに、前回の課題を改善しようとする意識がない。

(前回の記事)
サッカー日本代表が新ユニフォームで挑む試合!結果はどうなった?

この中で、大きく以下の2点を上げた。

前回の記事で、

この辺は、次の試合でどう改善されてくるか、注目して観たいポイントになります。
・クロスの精度
・サイドでの崩しの工夫

中盤の選手、ディフェンスラインの選手から、無理に前線の選手にパスを出し、カッ
トされる。

この場面が非常に多い。

最初のパスがつながったとしても、それが、ゴールにつながる場面になるかという
と、そうでもない。

2、3本のパスでカットされる。

 

つまり、

つまり、もう一工夫、もう一歩早い動き出しが欲しい。
工夫、について言えば、「あえて攻めないで相手を引き出す」イメージがあるといいと思う。
今回のシンガポールもそうですが、アジアで戦う相手のほとんどは、引いて守るチーム。
そこを、強引にこじ開けようとすると、どうしても引っかかってしまう(パスカットされる)。
なので、相手を引かせない工夫(相手のディフェンスを引き出す工夫)も必要。

これは、サイドチェンジの回数を増やすことで、少し改善されると思う。
サイドチェンジは、後ろに下げてサイドを変えるというよりは、ボランチ、トップ下辺りの高さでのサイドを変えるイメージ。
それくらい高い位置でのサイドチェンジだと、相手がボールを取りに来ればその裏が狙える。

取りに来なければ、逆サイドからの攻撃がしやすくなり、シュートまで持って行きやすくなる。

ということ。

 

結局、

リズム悪いパス回し

無理なパス

は、前半最後まで続く。

日本0-0カンボジア

 

前半、

残念ながら、ハリルさんの采配は、かなりイケテナイことになってます。

 

中盤でのパス回し

中盤~前線でのパス回しのリズムが悪い。

ボールを動かすことができていない。

 

判断が悪い。

止めて、蹴る、止めて、蹴るの判断が遅い。

ボールが来てから選択肢を考えすぎ。

 

無理なパスが多い。

 

ディフェンス

リスクヘッジができていない。

攻撃している時のポジショニングが良くない。

ゴール前までボールを運ばれるケースが何度か。

もう少し前のところで防げなかったか?

できたはず。

攻撃している時に、もし相手ボールになった時どう守るか、の意識が低い。

相手ボールになりそうな瞬間を狙ってない。

 

ゴール前のマークがあまい。

斜めに走る相手の選手に対して、マークを外している。

非常に危ない場面があった。

 

後半は、良くなるんだろうか?

 

サッカー日本代表背番号7の柏木が後半流れを変えたが・・・

後半。

さすがに、ハリルさんも「何か手を打たないと」と思ったんでしょう。

交換の開始から選手交代。

遠藤→柏木

 

来ました、俺たちの柏木

(去年、浦和の試合を見に行ってから、友達とこう呼んでいます。)
(その時のプレーがかなり素晴らしく、俺たちの柏木、と。)

 

柏木は、前回の試合よかったですからね。

このタイミングで交代するってことは、監督からかなり期待されている、ってことでしょう。

 

前半の、ちーーん、な状況を、「変えろ!」と言われてるんですから。

Sponsored Links

 

後半開始、前半からの流れはあまり変わってない模様。

 

ただ、柏木が少しずつ、攻撃のリズム、テンポを変えている

やっぱ、ボールを離す、パスを出すタイミングが、わずかに速い。

 

1タッチ、2タッチのボール交換から、スルーパスを狙う。

スルーパスを狙う時は、ボールを受ける前から出すところを観といて、「いける」と思ったら、スルーパスを出す。

 

ボールを受けてから蹴る間に、「どこに出すか(パスするか)」という思考(考える時間、探す時間)が入らない

ボールを受けるときには、すでに「どこに出すか(パスするか)」決まっていて、出す。

つまり、止めて、蹴るがスムース。

 

だから、リズムがいい。

スピーディーにボールが回る、つながる感じがする。

ただ、周りの選手が、柏木の感覚にやや合ってない気も。

 

そんな事を思っていると、日本がPKゲット

香川がエリア内で体当たりされて転倒。

 

キッカーは誰だ、誰だ?

 

岡崎だ。

 

岡崎でした。

 

雰囲気的にかな~り、嫌な雰囲気です。

なんすかね?、このいや~な雰囲気。

なんか、外しそうな感じ。

こいつ外すんじゃね?

と思ってたら、まさかのPK失敗

 

・・・

 

俺たちの柏木に行って(蹴って)ほしかったですねえ。

まっ、終わったことは気にしてもしょうがない。

 

と、思ってたそのすぐ後、待望のゴール。

おかざき~~~~

と思ったら、オウンゴールでした。

 

柏木のFKからのオウンゴール。

まあまあいいボールだったように思います。

 

日本1-0カンボジア

 

そして、選手交代。

宇佐美→本田

 

宇佐美は、どうっだったですかね。

自分でなんとか打開しようというのは感じられましたが、ちょっと孤立感あった気が。

 

そして、本田

やっぱ、本田がいるとなんか安心感がありますね。

なんすかね、この安心感。

なんか、やってくれるというか、なんとかなるというか。

 

で、やっぱ、柏木いるから、リズム感が出てきたように思います。

ただ、まだまだ、決定的なチャンスになるような場面は出てきません。

 

本田は、前線でボールをおさめる、って感じ。

 

そういえば、長友は今日右サイドバックでしたね。

 

前回、クロスの精度、を課題としてあげましたので、右サイドで長友がどうか、楽し
みでした。

 

が、・・・

 

んーーーー、長友

 

右足で何本かクロス上げてるんですけど。

全て同じような球筋。

ふわあ~んとしたクロス。

 

すべて同じようなクロス

それで点が入りそうだったらいいんすけど、そういう雰囲気なし。

確かに、人がいるとこに上げてはいるんですけど、マークがガッシリついている。

 

工夫がないっすよ、工夫が。

ニア(手前のポスト付近)に速いボールだとか、ファー(奥のポストを越えるような)ボールだとか、あえて上げないとか、とか。

どうも、漠然とクロスを上げてるように見えたのが気になりました。

 

後半途中からパス回しのテンポが少し速くなった感じがありました。

柏木のリズムに周りがあってきた感じ。

 

コーナーキックの工夫も欲しいですね。

毎回同じようなところに同じような球筋で蹴ってる。

練習する期間が短いんでしかたないのかも知れませんが。

 

待望の2点目

藤春→本田
(えぐってクロス、ゴールライン付近から)ニアでヘディング

 

えぐったのがよかったっすね。

で、ニアで頭で合わせる。

相手が一番守りにくい形。

これで、勝ち確定でしょう。

 

選手交代

岡崎→南野

 

残り時間少ない中で、どんなプレーをするのか楽しみ。

しかし、ファーストプレーで相手ディフェンスをかわしにいったかと思うと、シュート打たずセンタリング。

 

つっ、つら~(辛い~)。

 

積極性ねーな、南野。

 

そのあと抜け出して切り替えしても、センタリングの意識しかない。

若干角度あるとこですが、強引に打てない状況でもない。

 

シュートの意識・・・

みなみの~。

 

次回、期待したいです。

 

結局、試合はこのまま終了。

 

日本2-0カンボジア

 

サッカー日本代表の試合は今後の戦いが少し不安?

勝ったんでいいんですけど。

なんか、非常に後味がわるいとゆーか、なんとゆーか。

かなり、もやもや感が溜まる試合でした。

 

かなり、不安、を感じた人が多かったんじゃないでしょうか。

 

はっきり言って、良かったところは、なし、に等しい。

あえて言うなら、

こういう戦いをしたら、上手くいかない

というのがわかったことが良かったこと。

 

確かに、相手によって、メンバーを変えるのはいいと思います。

ただ、それは、勝つために、という前提条件があるなら。

 

今回の、先発メンバーは、明らかに、試すため、だったと思います。

間違いないでしょう。

 

そういう意味でいうと、今回の試合内容がよくなかったのは、監督の責任。(勝ってはいますが)

ハリルさんが、相手をなめてたから。

 

では、選手は、どうだったか。

もうちょっと、しっかりやってほしかったですね。

もちろん、真剣にやってやっていなかったわけではないと思います。

でもあの内容は、ないっしょ。

あの内容は。

 

まあ、終わったことをぐだぐだ言ってもしょうがないんで、次に期待しましょう。

 

次は、来年の3月24日アフガニスタン戦。

 

頼むぞ、日本代表。

 

今回もありがとうございました。

 

Sponsored Links


関連記事

キャプテン(管理人):イノ

男性イラスト1

 

イノです。今は、サッカーとゴルフをメインに活動しています。今後は、もっと色んなスポーツに取り組み、スポーツの素晴らしさと楽しさを伝えていきたいと思ってます。世界中で「スポーツを夢中にする」のが目標です。詳細

サイト内検索

おすすめ記事

  1. サッカー専用スタジアム
  2. サッカーサイドバックのコツ_守備ディフェンス4
  3. ゴルフレインウェア_スリクソン1

合わせて読みたい記事

  1. サッカーボール3
  2. サッカー_ポジション_ボランチ_1
  3. ゴールデンウィークイベント関東_浦和レッズ埼玉スタジアム
  4. サッカー小学生試合1
  5. サッカーサイドバック動き方ポジション8_練習試合

サイト内検索

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア