サッカー日本代表速報スタメンメンバーと結果レポートUAE戦2017年3月23日

03.242017


サッカー日本代表4

2017年3月23日

2018年FIFAワールドカップ ロシア大会

アジア最終予選 結果

 

UAE 0 - 2  日本

得点:前半14分 久保裕也
  :後半6分 今野泰幸

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~
アジア最終予選の後半戦が始まりました。

UAE戦。
結果は、日本の勝ち。
みごとな勝利でした。

 

今日のスターティングメンバーと試合結果を振り返ります

 

Sponsored Links

 

サッカー日本代表のスタメンメンバーと前半

選手入場の時から引き締まった表情を見せる日本代表。緊張感と試合の重要さがひしひしと伝わってきました。長谷部が怪我で離脱し、本田のコンディションが不安視された今日の試合。スタメンはこのようになりました。

 

スターティングメンバー

 

GK 川島
DF 酒井(宏)、森重、吉田、長友
MF 山口、今野、久保、香川、原口
FW 大迫

 

キーパーは、西川ではなく川島に。ディフェンスラインは、酒井(宏)、森重、吉田、長友で、まあいつも通りと言えば、いつも通り。中盤は、ワンボランチに山口、今野と香川がインサイドハーフ。サイドハーフは、右に久保、左に原口。そして、フォワードが、ワントップで大迫。キャプテンは、吉田でした。

 

スタメンは、ある程度予想されたメンバー。本田が先発から外れて、長谷部の代りに今野。前半は、静かな立ち上がりでした。

 

前半は、今野、大迫、久保の良さが光った安定した戦い

今日の試合の、勝利の意味、負けの意味をお互いのチームがよく理解しているのがわかる、静かな立ち上がりでした。お互いに様子を探る展開。

 

日本代表は、ディフェンスラインでボールを回しながら、攻撃の糸口を探す。右サイドの酒井を使う場面が多かったように思います。少し心配だった、今野は、久しぶりの代表にもかかわらず、落ち着いたプレーをしていて、安心しました。さすが、ガンバでレギュラーとってるだけのことはありますね。あとは、大迫のキープ、久保の仕掛けが、今日のポイントになる感じがしました。

 

一方、UAEは、オマルを中心に細かいパスをつないで日本陣地に攻め込んでくる。オマルは、やっかいなプレーをしますね。自分でもキープできるし、周りにボールを預けて、またもらうプレーもできる。ボールの持ち方とか、パスのタイミングとかが、うまい選手独特間合いを持ってますね。

Sponsored Links

 

なかなか点は入りそうにないな、と思っていた前半14分。日本代表に待望の得点が生まれます。

 

サイドに張っていた久保が、ポジションを少し中に変えて、酒井の前にスペースを作る。その空いたスペースで、酒井がボールを受ける。酒井は、一瞬ためを作り、久保は、相手のサイドバックの裏に走りこむ。そこに、酒井から斜めのボールが出てくる。そして、久保が前を向きながら、ダイレクトでニアにゴールを決める。

 

ナイスシュートでした。ニアゾーンを使ったみごとな攻撃。酒井のパスが絶妙でしたね。パスを出した瞬間、相手に引っかかると思いましたが、パススピードがあったので、相手が足を出せませんでした。そして、久保のシュートもお見事。決して簡単なシュートじゃないですけど、しっかり決めました。

 

前半14分の得点。とてもいい時間帯に点が取れました。これで日本は、精神的にかなり楽になりましたね。その後日本は、無理に攻めない感じで、ゆっくり回して、行けたら行くっていう感じでした。

 

危ない場面が、1回ありした。ボランチのところでルーズボールを取りきれず、UAE選手がペナルティーエリア侵入。そして、シュート。絶対やられた、と思った瞬間、川島がセーブ。ビッグセーブです。あれ決められてたら、どうなってたかわかりませんでした。。

 

その後は、危なげない展開でした。オマルは、やはりうざい感じでしたが、仕事をさせてませんでしたね。

 

久保は、自信持ってプレーしてますね~。所属チームで好調なのをそのまま持ってきてる感じが出てました。次に、大迫。大迫もいいですね。常にボールにからんで、マイボールにする。自分でキープするというよりは、見方にボールがつながるように、ボールを触っている。あとは、何と言っても今野でしょう。インサイドハーフでしたが、危険な場面では、しっかりボールを奪いにいって、攻撃の時は、シンプルなプレー。長谷部の代役、もしくはそれ以上のプレーをしていたように思います。2年ぶりの代表戦と思わせない、ベテランらしいプレーでした。日本に安定感をもたらしてましたね。

 

ただ、全体的な守備として、少し気になったのが、マークの甘さです。1点取ったんで、引いて守る感じになっていましたが、相手が日本陣地でボールを回しているにも関わらず、相手との間合いが詰められてない。相手に自由にプレーさせてる場面がいくつかあったので、ちょっと注意しないといけないと思いました。

 

結局、1対0で日本リードのまま後半へ。

 

後半

更新中

まとめ

更新中

Sponsored Links


関連記事

キャプテン(管理人):イノ

男性イラスト1

 

イノです。今は、サッカーとゴルフをメインに活動しています。今後は、もっと色んなスポーツに取り組み、スポーツの素晴らしさと楽しさを伝えていきたいと思ってます。世界中で「スポーツを夢中にする」のが目標です。詳細

サイト内検索

おすすめ記事

  1. 20160130_アイアンとドライバーのアドレスの違い4
  2. ゴルフ場_作州武蔵カントリークラブ1
  3. ゴルファーイラスト1

合わせて読みたい記事

  1. サッカーサイドバックのコツ_守備ディフェンス4
  2. サッカー日本代表ユニフォーム_背番号8_原口元気5
  3. サッカー小学生試合1
  4. 体幹トレーニング_サッカー_メニュー6_1
  5. サッカー_ポジション_ボランチ_1

サイト内検索

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア