ゴルフ初心者はレッスンや練習でスイングのイメージをどう持つ?

01.192016


ゴルフ室内練習場1

 

えっ?まじっすか?

えっ?!、そうなんですか?

 

ゴルフスクールに通い始めたころ、衝撃を受けた話。

あれは、太陽がぽかぽかで、さわやかな風が吹いて天気がいい日でした。

 

二回目のスクールでのこと。

 

スクールコーチに教わった、ゴルフスイング。

 

ぼくの体の中で、何度もイナズマが走り抜ける、そんな衝撃的なことでした。

 

いままで、やってたのは、なんだったんだ?

通りで飛ばないわけだ・・・

 

Sponsored Links

 

ゴルフ初心者がレッスンのスイングで受けた衝撃とは?

ゴルフ_アドレス1

 

ゴルフスクールで衝撃的を受けた話です。

 

コーチに言われた言葉です。

 

ゴルフクラブは、上に上げて下に下ろして下さい

 

これ、最初聞いた時、どういう意味かわかりませんでした。

 

たぶん、ゴルフスイングのイメージって

●構えて

●ゴルフクラブを後ろに振り上げて

●ボールの横にゴルフクラブを当てる

 

だと思います。少し、野球のバッティングに違いイメージ。

 

でも、そのイメージだと、うまく飛ばないことがわかったんです。クラブがボールにちゃんと当たらない。

 

じゃあどんなイメージで打つかと言うとかというと、

スイカ割り

なんです。

 

「おいおいおい、ちょっとまてよ」

「どう考えても、スイカ割りとゴルフ、イメージつかんだろ」

ですよね。

 

ぼくも最初は、

ゴルフ ⇒ ゴルフクラブを横(後ろ)に引いて前に振る

スイカ割り ⇒ 棒を振り上げて下に下ろすイメージ

 

このイメージでしたから。

 

ただ、試しにやってみたんです。

「上から下に」って動作を。

すると、

 

やばい

 

やばかったんです。

何が「やばかった」かというと、

ボールがクラブにちゃんと当たる

 

さらに、

ボールがクラブに当たった感触が、はんぱなくいい

 

まるで、ゴムボールを打っている感触って言うんですかね。あの硬いゴルフボールが潰れる感触。ようは、でボールを捕らえてるってことなんです。

 

では、なぜ、手を上下に動かすだけで、ボールが打てるのか?それは、上半身をひねっている(捻転している)からです。

 

手の動きとしては、スイカ割の動きと同じ、上下に動かしているだけ。合わせて、体をひねってる(捻転している)から手を後ろに上げてるように見えるんですね。

Sponsored Links

 

さらに、「」のイメージを持てと。侍が、刀で斜めに切るイメージ。次は「侍かよ」笑、って思いましが、これも素晴らしいアドバイスでした。

 

つまり、手は、スイカ割りのように上下に動す。でも、体を後ろにひねって、さらにそこから逆にひねるんで、クラブのヘッドの軌道としては、斜めに振り下ろされているように見える。つまり、侍が刀を持って斜めに切っているイメージになるってことでした。

 

いや~、最初、スイカって聞いて、?????と思いました。でも、いざやってみると「何度もイナズマが走り抜けるような衝撃」を受けることに。

 

不思議な思いと、いままで何やってたんだ・・・って。笑

 

ゴルフ初心者も練習で必ずフィニッシュを意識する!?

ゴルフ_フィニッシュ1

 

フィニッシュ

プロゴルファーがスイングした後ってかっこよくないですか?どうだ~、みたいに。でも、ゴルフ始めたころだとちょっと恥ずかしいんですよね、フィニッシュを取るの。ポーズをとってるみたいで。

 

でも、フィニッシュってとっても大事なんです。フィニッシュがゴルフスイングのゴール(最終地点)なわけです。つまり、プロゴルファーがやってるようなフィニッシュ(形)にならないと正しくスイングできていない

 

つまり、ゴルフクラブが正しい軌道を通ってない、ゴルフボールを思った方向に飛ばすことができない、ってことになります。

 

もちろん、プロゴルファーと同じような、きれいなフィニッシュにならないまでも、正しいフィニッシュ、きれいなフィニッシュになるよう、意識するのは重要です。なので、最後のフィニッシュの形、は練習の時に必ずチェックするポイントの一つでもあります。

 

フィニッシュの形(見た目)がいいと、いいスイングになっているのがはっきりわかりますから。フィニッシュが正しい形(かっこいい形)にならないとそのスイング軌道(コース)はNG(間違ってる)ともいえます。だから、無理なく綺麗なフィニッシュが取れている=正しいスイングが出来ている、ってことです。

 

どうでしょう?

 

ゴルフ初心者スイングの基本はシンプルなイメージを持つこと?

ゴルフスイングのイメージについて、お話してきました。

 

野球ではない。

 

スイカ割り

笑なんですけど、その通りなんですね~。

 

ゴルフのスイングって知れば知るほど奥が深いです。プロゴルファーであれば、数ミリ単位、数センチ単位でスイングを見直し、試合に臨むゴルファーもいるようです。ただ、一般のゴルファーであれば、そこまでする必要はないと思います。だいたいこれぐらい、という感じで十分ボールを飛ばすことができます。

 

だから、難しく考えずに、できるだけシンプルにシンプルに考えていくほうがいいと思います。

 

そのほうが、楽ですしね。

 

スイングの各動きについては、また細かく取り上げて行きたいと思います。引き続き、スコアアップ目指してがんばって楽しみましょう~

 

それでは、今回もありがとうございました。

 

Sponsored Links


関連記事

キャプテン(管理人):イノ

男性イラスト1

 

イノです。今は、サッカーとゴルフをメインに活動しています。今後は、もっと色んなスポーツに取り組み、スポーツの素晴らしさと楽しさを伝えていきたいと思ってます。世界中で「スポーツを夢中にする」のが目標です。詳細

サイト内検索

おすすめ記事

  1. 20160130_アイアンとドライバーのアドレスの違い4
  2. ゴルフ練習場2
  3. サッカーサイドバックのコツ_守備ディフェンス4

合わせて読みたい記事

  1. ゴルフ場_作州武蔵カントリークラブ1
  2. 20160130_アイアンとドライバーのアドレスの違い4
  3. ゴルフレインウェアユニクロ_ブロックテックパーカ1
  4. ゴルフレインウェア_スリクソン_SMR4180_1

サイト内検索

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア